読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫砂は万能だ

感想とか雑記とかな!

her 世界でひとつの彼女 / AIとの恋ってあると思う? 【感想】

映画 レビュー

f:id:suonodolce:20160202003143j:plain

  her / 監督:スパイク・ジョーンズ / 出演 : ホアキン・フェニックス, ルーニー・マーラ

 

『自分が一生のうちで味わうべき感情をすべて経験し尽くしていて、もう新しい感情は得られないのではないかと思う』

あらすじ

 AI好きになっちゃった。 

近未来のロサンゼルスで、セオドア(ホアキン・フェニックス)は相手に代わって思いのたけを手紙にしたためる代筆ライターをしていた。長きにわたり共に生活してきた妻キャサリン(ルーニー・マーラ)と別れ、悲嘆に暮れていた彼はある日、人工知能型OSサマンサ(スカーレット・ヨハンソン)と出会う。次第にセオドアは声だけで実態のない彼女の魅力のとりこになり……。【シネマトゥディ】より

 

おすすめポイント

全体的に暖かい色の画。切ないBGMも良かったです。

近未来的なUIデザインもお洒落でした。

 

ネタバレを含みます。

f:id:suonodolce:20160207192152j:plain

主演の「ホアキン・フェニックス」は伝説の俳優「リバー・フェニックス」の弟さん。

めっちゃ切ない顔するのが...ズルい。

こんなん可哀想だろ...って思わせるような表情が上手でした。

それもあり主人公に感情移入してしまう作品です。

感想 

離婚間近の主人公セオドアは、抜け殻のよう。心の拠り所として見つけたのはAIのサマンサ。

セオドアはサマンサの「知的で、明るくてユーモアもある」ところに惹かれていきます。それは彼が奥さん(ルーニー・マーラ)にも求めていた点でした。

奥さんはそれをプレッシャーに感じていたはず。

f:id:suonodolce:20160207194127p:plain

 自立して、成功している女性としての描写があった奥さんも、追い込まれていたのかな。

「自分は被害者だ、去ったのは彼女の方だ。」と考えているセオドア。

でも、離婚の原因を作ったのはセオドア自身だと僕は思います。

 

そんなセオドアには、自分を受け入れ、優しくしてくれるサマンサが最高のパートナーでした。

 

肉体が無いのに、声だけで男を落とせるって凄いですよね。

 

描かれているのは、割とフツーの恋愛です。めちゃめちゃ幸せそうです。

ポケットに携帯入れて一緒に出かけたり、ダブルデートしたり...

サマンサには肉体がありません。その溝を努力して埋めようとします。

本当にセオドアが好きなんだと、伝わってきます。

 

僕は『セオドア超可哀想』視点で鑑賞してたのですが、この辺から違和感を感じていました。なぜなら

 

セオドアが全く努力しない

 

f:id:suonodolce:20160208001525j:plain

 

サマンサから努力は伝わってくるのですが、セオドアは2人の距離を縮めようとしていないように感じました。

 

それはそうでしょう。いつだって側にいてくれて、デート代もかからないし、セックスもできます。釣った魚なんですから。

 

サマンサをPC扱いされてセオドアが憤慨するシーンがありました。

でも一番彼女を道具扱いしているのはセオドアだと僕は思います。

 

セオドアにとっては、このままの関係が続くのが理想でした。

でも、彼女は違います。

彼女は進化し続けるAI。もっと外の世界を知りたくて、いろんな人と話したい。そんな欲求が生まれます。

あなたを愛しているけど、いつまでも側にはいられない。

 

セオドアに対して「あなたと一緒にいても、成長できないわ」そう言っているように見えました。

 

僕も「一緒にいても成長できないから別れる」ってフラれたことがあります。笑 

原因は僕自身にあるのに。それに気づかなかった僕は愚か者です。バカヤロー

 

皆さんはサマンサがワガママだと思いますか?

それともセオドアが自分勝手??

 

恋愛ってエゴとエゴのぶつかり合いですね。

相手の理想になろうとして、自分以外の何者かになってしまうのも違うし。

相手に優しさを押しつけるのも結局は自分のエゴですしね。

 

若造には難しいや!だから恋愛って面白いんだなぁ。

 

そんな感じでっ

 

 

P.S

セオドアの家に住みたい

f:id:suonodolce:20160208002119j:plain

広告を非表示にする