読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫砂は万能だ

感想とか雑記とかな!

セッション / 音楽の殴り合い【感想】

f:id:suonodolce:20160211182533j:plain

Whiplash / 監督:デミアン・チェザル / 出演 : マイルズ・テラー, J・K・シモンズ

 

『足手まといも 限界だデブ野郎!』

 

あらすじ

超スパルタなんですけど。 

名門音楽学校へと入学し、世界に通用するジャズドラマーになろうと決意するニーマン(マイルズ・テラー)。そんな彼を待ち受けていたのは、鬼教師として名をはせるフレッチャー(J・K・シモンズ)だった。ひたすら罵声を浴びせ、完璧な演奏を引き出すためには暴力をも辞さない彼におののきながらも、その指導に必死に食らい付いていくニーマン。だが、フレッチャーのレッスンは次第に狂気じみたものへと変化していく。(シネマトゥデイ)より

おすすめポイント

J・Kシモンズの鬼気迫る演技。

ドラムセットを移すカットがとても綺麗。

※ネタバレを含みます

 

感想 

主人公のニーマン。若干傲慢なところがある。

f:id:suonodolce:20160211192510j:plain

実は彼には音楽をやる理由が明確にない。「偉大になりたい」とか言ってたし。

彼の目標は漠然としていて、親戚や彼女にも馬鹿にされてしまいます。

こういう価値観の違いってしんどい。何かに没頭している&これから挑戦しようとしている人と、周りの温度差ね。親しい人に「無理だろ」とか言われると孤独感感じるよね。

それもあり「絶対音楽で成功してやる」って思いが強いんでしょうか。

 

スパルタ鬼教師フレッチャー

f:id:suonodolce:20160211192536j:plain

J・Kシモンズの演技が本当に怖い。笑

彼が扉を開けて入ってくるシーン、思わず緊張しちゃいますね。

彼は現代のぬるいジャズを救う為、優秀な音楽家の輩出を目標にしています。

しかし、普通の教育では絶対に素晴らしい音楽家は出てこない。という考えを持っていて、他の教師がやらないようなスパルタ教育を徹底的に行っています。

僕なら3回くらい挫折しちゃいそう。

 

教師と生徒、立場の違いはありますが、実はこの二人は似ていると思います。

それは「意地で音楽」をやっている所。

 

『絶対成功してやる』という意地、『絶対に優秀な音楽家を育ててやる』という意地。

 

それだけが彼らを突き動かしています。

前半はひたすらその意地に振り回されてるんですね。

 

ラストの「キャラバン」の演奏で、彼らはようやく解放されました。

最後の演奏はフレッチャーへの復讐から始まります。僕は内心「やれ!ベビーフェイス!」今までの鬱憤を晴らしたれ!とか思ってたんですが、そんな思いはどうでもよくなっちゃいました。

 

文才が無さすぎて表現できない...!

 

言葉では絶対分かり合えないであろうこの二人。演奏を通して、彼らは分かり合えた。

 

音楽は楽しいということを忘れていた。成功とか、憎悪とか復讐とかもうどうでもいい、今ここで演奏していることが楽しい。

それだけでいいんじゃないか。

 

音楽が彼らを救いました。

 

f:id:suonodolce:20160211215350j:plain

 

このラストだけの為に、前半の苦しみがあるようなもんだと僕は感じました。

 

ジャズにグルーヴ感がないとか色々言われてるけど、個人的に見るところは別にあると思う。

ジャズに詳しくないけど、ラストの演奏は感動したよ。 

他人がどう評価しようがそれは自由。大事なのは自分がどう感じるかだよね。

素晴らしい映画でした。

 

広告を非表示にする